お知らせ〜新型コロナ時代の対応について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの大学・教育機関は休校や教育スタイルの変更を余儀なくされています。

様々な学会、研究会の講演会、セミナー、フォーラムのイベント開催のスタイルも、「3密」や「ソーシャルデスタンス」により苦慮し、さらに社会経済の悪化から企業会員の参加が難しい事態が強いられています。

一方、新型コロナウイルス専門家の間では、今年、夏以降にあっても新規のコロナ感染の第2波、第3波が想定され各種の展示会やイベントの開催有無は未定となっているのが現状です。
先のことは予想し難くさらにこの影響は、数年に渡り続くであろうとも言及されています。

こうした状況下にあり、当学会も例外なく昨年の関東地方を直撃した甚大な台風被害を始めに、今年は100年に1度とも言われる「国難」と称される新型コロナウイルスの感染症拡大に遭遇するなど、厳しい社会環境の変化に直面しております。

そこでこれを一つの節目に、約20年間続けてきた学術集会としてのスタイルを終了し、小単位でテーマ別の目的志向型会議へと、一区切りをつけさせて頂くことになりました。

これまでの会員並びに関係各位の皆さまの長年の学術集会へのご協力、ご尽力に深く感謝を申し上げます。

なお、過去の学術論文集のご希望、お問い合わせ等は、当面、これまで一緒に学術フォーラムを共催してきた
(一財)未来医学財団の「新技術未来戦略会議」(財団HP参照)
が窓口となり、ご対応させて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。

以上

 BACK | HOME 
Copyright(C) 2005 jsani All Rights Reserved.