海外マイナスイオン事情

第1回韓国陰イオン研究会発足

 平成14年5月25日(土)韓国のソウル市内、コリアナホテルで第一回韓国陰イオン研究会が発足しました。現在、韓国でもマイナスイオンはたいへん注目を集めており、イオン関連ビジネスは、急速に発展しています。そこで、その時流に合わせ、マイナスイオンに興味をもつ産学官の有志からなる研究組織が設立されました。
 この研究会の会長には、昌原大学校の金秉官教授(写真右)が就任されました。 この晴れやかな第一回の研究会発足式には、会長である金教授(東大留学)と深い親交がある日本マイナスイオン応用学会、山野井昇会長が特別招聘され、記念講演がもたれました。これはその時の様子です。
 当日の発足式には、参加者の約半分が韓国の著名な大学教授が占め、またマイナスイオン関連の企業のトップが集合しました。
なお、式の当日、山野井昇会長の話題の著書「イオン体内革命」が金教授の翻訳による韓国語版の新書がこの日に合わせて出版され、出席者に披露されました。
写真上:
「21世紀のマイナスイオン応用市場と技術戦略」
を講演する 山野井昇会長


写真右:
学会を支える事務局
写真右から金海龍事務局長、
とんで孫美京女史、黄明煥博士

 BACK | HOME 

Copyright(C) 2005 jsani All Rights Reserved.